HOME式典神楽パレードご案内

建国記念の日とは日本の建国を祝う会とは

 

 
 

建国記念の日 奉祝中央式典

 
 
 

「日本の建国を祝う会」では毎年2月11日の建国記念の日、東京の明治神宮会館などにおいて「奉祝中央式典」を開催しています。

 

式典には政府関係者や政治家、各界の著名人、さらには各国の駐日大使(外交団)等を招待して、盛大に建国記念の日をお祝いします。

 

中央式典後の第二部では例年、記念講演や各種公演を行っています。

平成29年の中央式典の第二部は、奉祝演奏として小野雅楽会による雅楽の演奏が行われる予定です。

 

 

平成29年に開催する「奉祝中央式典」の概要は下記の通りです。

 ・ 日 時 : 平成29年2月11日(土・祝) 午後1時〜3時

 ・ 会 場 : 明治神宮会館(東京都渋谷区代々木神園町1-1 明治神宮内) ≫アクセス

 ・ 入 場 : 入場無料。尚、受付にて協賛金を募っております。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
平成25年奉祝中央式典の様子

  

壇上で挨拶する下村文科大臣(左)と自由民主党の高市政調会長(中)、安倍総裁の祝辞を代読する萩生田自民党総裁特別補佐。

下村大臣は、残念ながら一議員としての出席であるとを断った上で「できるだけ早く政府主催で式典を開催し、私も大臣として正々堂々と出席できる日を楽しみにしている」と挨拶、高市政調会長は政府と調整の上で式典の政府主催化の実現に向けた準備をしたいと述べられました。

萩生田特別補佐は祝辞の代読に先立ち、党を代表して出席した高市政調会長に加えて安倍総裁が祝辞を寄せたことについて、「政府主催の奉祝式典を実施する、その環境づくりを進めていく、その決意を皆さんに受け止めていただきたい」と強調されました。

  

参列した駐日外交団(左)と、挨拶するウクライナのミコラ・クリニチ特命全権大使(中)。

大原会長から高市自民党政調会長へ、政府主催による建国記念の日の式典開催を求める決議文を手交。

 

▲ このページの先頭へ

 
inserted by FC2 system